練馬鳥長・新潟 x 宇宙色の鼻 究極のラーメンを振る舞う会を開催しました

いつもテイクアンドデリバリー『DDPイーツ』をご利用いただきありがとうございます。

先日、休業していた店舗の一部再開を記念して『練馬鳥長・新潟 』山澤店長×『宇宙色の鼻』大海料理長によるスペシャルコラボイベント、その名も『究極のラーメンを振る舞う会』が開催されました!



LINE@限定の抽選イベントでしたが、200名を超える多くの皆さまからご応募をいただきました!ご応募いただいた皆さま、本当にありがとうございました。また、当日お越しいただいた5名の当選者の皆さまにもこの場をお借りして御礼申し上げます。

今回の企画のきっかけは、大のラーメン好きな大海シェフが初めて『練馬鳥長』の白湯スープを飲んだ際、あまりの美味しさに感動し“このスープを使ってラーメンを作ってみたい!”と言ったことから生まれました。

しかし、フレンチシェフの彼がラーメンを作るのは初めて。この日を迎えるまでたくさん研究と試作を繰り返してきたと言います。ラーメンに使用する食材は全て無添加、無化調のもの。

当日配られた1枚の紙からも大海シェフの拘りが伝わってきます。


使う『練馬鳥長』の白湯スープは、地鶏のガラのみを2日間以上かけて炊いたもの。



「まずは一杯そのままでお召し上がりください!」

『宇宙色の鼻』平田店長の威勢の良い掛け声と共にイベントがスタートしました。



「今度はお塩を加えて2.3回かき混ぜて飲んでみてください!」



たったひとさじ塩を加えるだけで地鶏本来の味が引き出され、旨味が爆発するのです。

お客さまからも“全然違う!”“凄い!”と 驚きの声が聞こえていました。

スピード命のラーメン!

山澤店長が自ら調理した具材を盛り付け、大海シェフがエスプーマを使った柚子のムースで香りを添えます。





濃厚な白湯スープと絡み合わせるのは、秋田高原比内鶏のコンフィ,淡海地鶏を低温調理したチャーシュー,新潟産新タマネギ,京都産九条ネギ,佐野実特製麺。

1つ1つの食材に拘り、旨みを最大限に引き出し、味を重ね合わせることを追求した2人の自信作を召し上がっていただきました。



スペシャルコラボラーメンはこれで終わりではありません。


「これからご飯をお出しします! 」


大海シェフがパフォーマンスして見せた中川一辺陶辺の究極の土鍋を使って炊き上げた南魚沼産の無農薬コシヒカリは、2mm以上の粒のものだけを選んだ非常に希少なクラシックコシヒカリと呼ばれるもの。ラーメンのスープをかけて召し上がっていただくことを考え、炊き方は煮えばな(アルデンテ)だそうです。


「まずはそのまま一口、、、



「次にスープを2杯かけてお召し上がりください。 」



大海シェフの手にかかれば、1杯のラーメンもまるでコース料理のようになってしまうから凄いですよね。

「ご飯をもう一杯いかがですか?」



そう言って盛り付けられたご飯の上には、ちりめん山椒と卵黄が。かなり白い卵黄ですが、餌に着色料を入れない卵本来の自然な色合いが無添加ならではの特徴です。



「こちらにもスープを2杯かけてお召し上がりください。 」



“卵と白湯スープ、ちりめんの味が重なって見事に1つになっている!凄く合いますね!”

“卵も色は薄いけど、味は濃厚!”

お客様にも喜んでいただけたようです。




何より嬉しかったことは“このラーメンをもう一度食べたい!”“お店で出してほしい!”と言ってもらえたことです。

私たちのお店はお客様からの声で生まれるものも多くありますので、“こんなイベントをしてほしい!”“こんなメニューをお店で食べたい!”などございましたら教えていただけると喜びます。

また、今回ご参加いただけなかったお客様の為にもまだまだ楽しいイベントを企画しています!!

お知らせやご応募はLINE@からとなりますので、『DDPテイクアウト』のお友だち登録がまだの方はこちらから登録をお願いいたします。

LINE@の登録はこちらから

この度は『練馬鳥長・新潟 x 宇宙色の鼻 究極のラーメンを振る舞う会』にご応募ご参加いただき、本当にありがとうございました!また次のイベントでお会いしましょう!!


〜〜〜〜〜エピローグ〜〜〜〜〜

イベントを終えた3人の感想です。


たくさんのご応募、ありがとうございました。平日のお昼間にも関わらずこんなにも“宇宙ラーメンを食べたい!”と言ってくださるお客様がいて幸せです。ラーメンを一杯食べるのにこんなに説明があるの?!と驚かれた方もいらっしゃったと思います(笑)これが宇宙色の鼻流です。今回実際に食べていただいて、「驚いた!ラーメン以上のものだった!」と言っていただけて嬉しかったです。店舗の再開を控え、またこのようなイベントを企画していますので、引き続きご注目ください。

たくさんの方にご応募いただいたようでびっくりしました。ありがとうございました!

鳥長の白湯スープは、ほぼ淡海地鶏のガラだけを使用しています。味付けは塩のみで完成します。これは僕自身とてもびっくりしています。前職でも鶏ガラを炊いてスープを取っていましたが、調味料で補正をしていました。

鳥長の白湯スープはそれが要らないのです。地鶏のガラだけでこんなに旨味が出るとは知りませんでした。スープを取る前のガラを丁寧に処理をして、あとは水と塩だけで完成する鳥長の白湯スープ 。召し上がったことがない方は是非味わっていただきたいです。

鳥長新潟は徹底的に衛生管理に気をつけ、お客様の人数を従来の50%ほどに抑えて営業を再開しております。次回ご予約日は6/9火曜日12時となりますので、ご予約のお電話もお待ちしています。


このラーメンを作るにあたって大変だったことは、もともと美味しいスープに何を足すか?ということでした。1ヶ月〜1ヶ月半毎日スープを作る中でたどり着いたのが、『宇宙色の鼻』のフォンドヴォーを加えること。でもいつも使っているフォンドヴォーでは白い白湯スープが濁ってしますから、普通は骨と肉と野菜に焼き色をつけて作るフォンドヴォーを、骨と肉には色を付けないくらいで焼き、野菜に関しては焼かずに生で使いました。そうすることで、白っぽいフォンドヴォーが出来上がったのです。更には冬菇(どんこ)といりこを加え、味わい深さを追求しました。

醤油味にしようとも考えましたが、それではせっかく白さに拘ったスープがまた濁ってしまう。白醤油も試しましたが、それだと甘過ぎてしまうんですよね。結果、笹川流れの塩と、糸魚川の「最後の一滴」という魚醤を使うことに落ち着きました。飲んだ時“これだ!決まったでしょ、これで!!”って。嬉しかったです。

日頃からラーメンを食べ歩いていますが、ラーメン屋さんがもの凄く苦労して作られているのが分かったような気がします。ラーメン屋さんってすごいですよ!(笑)

今回僕の作ったラーメンを美味しく召し上がっていただけたようで幸いです。

何よりも久しぶりにお客様の前で料理ができた喜びを感じています。

メインへ戻る

©2016-  DAWN DISH PRROJECT