Vol.2 『コニクヤマ』店長 佐藤 健


HOTTOPICではDAWN DISH PROJECTで働くメンバーを紹介していきます。

特集の第二弾は、『コニクヤマ』店長の佐藤健です。

ワイルドなイケメンでありながら大人の雰囲気が漂う『コニクヤマ』店長、佐藤健(たけし)33歳。

特技はバク転。小中学校と器械体操に打ち込んだ。

自動車の専門学校を卒業後大手自動車メーカーに就職するも、突如何か新しい事をしたい衝動に駆られ飲食の道へ。

アルバイト経験をたくさん積んだ。

「飲食業は自分に合っていた。」

今から1年半前、DawnDishProjectで働く地元の友人に、”新たにオープンするコニクヤマで店長として働いてみないか?”と誘いを受けたのが今の会社へ入るきっかけだったが、その返事にはあまり迷わなかったと言う。

「いつも決めるときは直感なんです。」

そう笑って話す彼だが、新しいことにどんどん挑戦するその性格は常に向上心が必要な体操競技で培われたものだろうか。

今1番楽しいのはアルバイトの成長を見ること。

「僕、人に何かを教えることが好きなんです!!」

そんな彼がオープンからずっと目指しているのはあたたかくて活気のあるお店

”人の温もりが溢れるあったかいお店を作りたい”と、彼には大切にしているルールがあった。

01.忙しい時ほどコミニケーションを取る

「例えばですけど、超忙しい時に雑談しているみたいな、例えばですよ!

忙しい時に厨房が盛り上がっているみたいな、そんなお店ってかっこ良くないですか?」

営業中の彼はいつも厳しく目を光らす。

この日も、コースの〆のカレーを準備する際、離れたコンロにお皿を1つずつ持ってよそっては移動するアルバイトの子の名を呼び、「頭を使え!」と叱咤した。

そして自らコンロから鍋を持ち上げてきて、皿を並べたところで作業して見せた。

効率を大切にする彼はいつもその場で厳しく指導する。

しかしその後のフォローもさすがで、何の冗談を言ったのか分からないが、さっきのピリついた雰囲気が嘘だったかのように笑顔で仕事をする2人がいた。

彼は忙しい時ほどいい笑顔を見せる。

02.人の良いところを探す

先日行われた会社のスキルアップセミナー兼懇親会の中でのこと。

グループ店舗が参加しアルバイトの名前を紹介をしていく場面で、彼は名前と一緒に一人一人の良いところを話していた。

「仕事の悩みがあるとラインで相談してくるくらい真面目でかわいい子なんです。」

「仕事が早くいつも助けてもらっている。」

と、いっぱいに書かれたノートを手に持ちながら話す彼の愛情こもった発表に、会場はあったかい空気に包まれていた。

03.休みの日は全力で仕事を忘れる

「良い仕事をするために良い休みをおくりたい!」

そんな風に話す彼は、今年の1月に入籍したばかりの新婚だ。

休日の楽しみは、3つ年下の奥さんと大好きなお店でランチをして、大好きな映画を観に行くこと。

夫婦お気に入りのお店は古町にある「LIFE」。カフェのような温もりと、それでいて活気溢れる空間がたまらなく好きなのだそう。

店内に響き渡る皿洗いの音までもが心地よく癒されるのだそうだ。

好きな映画は「タイタニック」と「魔女の宅急便」。

彼が魔女の宅急便とは驚いたが、”魔女の宅急便に出でくるパン屋さんのシーンが好きだから”という理由を聞いて納得してしまった。

04.感謝の気持ちを忘れない

「マジでありがとうございます!」と彼はよく言うが、謙虚で感謝の言葉を大切にする彼の周りにはいつも多くの人が集まって手助けする。

周年祭で赤身肉を安く振る舞う際にはその仕込みに『肉山』店長が駆けつけ、タレ焼肉を始めるにあたり大事な試食会の際には『魚魯こ』料理長がタレ作りをサポートをした。

試食会では気付いたら正座になっていたと言うが、会社社長に「うまい!!」と一発合格をもらった彼は

「(魚魯こ料理長)まさしさんが研究に研究を重ねて出来上がったタレ。僕だけでは作れなかった!」

とこの日も感謝の言葉を口にしていた。

その後、彼はひたすらタレ作りに打ち込んだ。

米糀・ゴマ・にんにく・コチュジャン・韓国味噌・ヤンニョムジャンなどを配合し、熟成に3日間かけて出来上がったコニクヤマ秘伝のタレはコクがありながらくどくなく、旨味がたっぷり!

焼き上がりにオリジナルのポン酢をつければまた別次元の美味しさが広がるのだそう。

新潟ではまだ誰も味わったことのないタレが出来た。

オープンから2年目を迎えたコニクヤマは次なる挑戦として、先月新たにタレ焼肉をスタートさせた。

コンセプトも今までの大人スタイルな『塩でいただくホルモンと赤身肉のお店』から『誰もが美味しくタレ焼肉と赤身肉を楽しめるお店』へと一新し、今までよりもぐんとカジュアルに親しみやすいお店になった。

「もっとお客様を呼びたい。焼肉屋行こう!コニクヤマ行こう!となってもらえるまでにはなりたい。」

と佐藤店長も意気込みを語る。

店長のオススメは、柔らかく油の旨みと香りが濃厚なカルビと、ハラミ,ハツ,レバーなど様々な部位が入ったミックスホルモン

タレの導入で今までのホルモンもより食べやすくなった。

連日お店は大盛況!!

彼一押しのミックスホルモンも”色々なお肉やホルモンが一気に楽しめて良い!”と早くも人気のようだ。

新コンセプトと共に新しく生まれ変わったコニクヤマはまた一歩彼の目指すあたたかくて活気のあるお店に近づけた。

「これからはもっとお客様と関わり合っていきたい!いっぱい会話をしたいですね。

オープンキッチンだからこそ味わえる空間をもっと楽しんでもらいたい!

あとは苦手な試食会や会議も克服したい。もっと意見を言って、もっと自分達で発信していかないと!

ラフにぶっちゃけのぶっちゃけまで言い合えたら最高っすね!飲食店の良さってそこだと思うから。」

温かい人だからこそ作れる温かいお店がある。

どこまでも人情味溢れる男、佐藤健は新生コニクヤマと共にまだまだ進化し続ける。


©2016-  DAWN DISH PRROJECT