スーパー・ササダンゴ・マシン「宇宙山」で宇宙遊泳をする。


『新潟Komachi』内の人気コーナー「Komachi的文化新聞WEB版」にて、スペシャルコラボディナー「宇宙山」を取り上げてもらいました。

以下、記事を転載させて頂きます。 新潟Komachiで「お茶の間製作所」のコラムが連載中であり、NSTの「八千代ライブ(毎週金曜15時50分~16時50分)」「八千代コースター(毎週土曜10時25分~11時15分)」をはじめ、「水曜日のダウンタウン」「DDTプロレスリング」など、TV出演、映画監督、プロレスなど、連日多忙で「いつ寝ているんでしょうか?」と心配してしまうほど多忙なマッスル坂井ことスーパー・ササダンゴ・マシン。次回の打ち合わせをしていましたら、「これ、行きません?」とお誘いが。行かせてください!

なんというコースでしょう! で、来ました「肉山 新潟」。そうです、予約が取れないお店です。聞くところによると「9月まで予約一杯で」。えっ?今、6月上旬ですけど、7月と8月は満席ってことですか!「ありがとうございます!」。というお店です。本当に予約が取れません。そんな「肉山 新潟」へ、スーパー・ササダンゴ・マシンと訪れたのは…この企画「宇宙山」です。

新潟駅前にある「肉山 新潟」と、古町にある「宇宙色の鼻」がコラボレートしたスペシャルディナーです。今回が第三回を迎えました。夢の企画!ということで…当然ですが一瞬のうちにして満席です。第四回はあるのか、どこで情報を入手すればいいのか、ネットやSNSで検索を!

一品目、マスク忘れました。

さぁ、コースの始まりです。一品目は『肉山のパテ ブルーベリーソース』。「これ、絶対うまいですよね。(一口食べる)ほら、間違いない。言葉なんていらないんですよ、うまいから。私の顔を見てくださいよ!」。うまくて驚いて、スーパー・ササダンゴ・マシンはマスクを着用することを忘れてました。

盆と正月とボーナスが全部くる

二品目は『ローストビーフのブルスケッタ ウニとトリュフのせ』。「うわ、キタ」と、なんと目の前でトリュフをカット。テーブルの上にこぼれ落ちていきます。言葉少なめに、ただただ食べたい!その一心でまずは一口。「これ、どこから撮ればいいんですか。360度素晴らしい景色ですよね。トリュフとウニ、いや、ローストビーフとウニ、いやいや、相性とかうまさとか、そういうレベルの話じゃなくて…」

写真を見ている皆様の頭の中にはこんな言葉が走るのではないでしょうか。「食べたい」→「どこで食べられるの?」→「食べさせて!」→「限定だなんて!」→「もー!」

初めてお聞きする料理です

三品目は『肉ボナーラ』。カルボナーラの肉山スタイルとお伝えすればいいでしょうか。仕上げにチーズを目の前で削ってくれるパスタありますよね。そんな感じ…に近いんですが、肉の上にチーズ!チーズ!チーズ!です。

で、「かき混ぜて食べてください」という、パスタがお肉という『肉ボナーラ』です。「もう、かき混ぜていっちゃいましょうよ。(一口食べて)あ、冷たいんだ!それにしてもうまい。お酒も進みますって」

お肉なのに「牡蠣」って、どういうこと!

四品目は「????」。参加者の皆さんもザワザワしています。何が運ばれてくるんでしょう。

来ました「????」。

食べ方について説明を受けます。「息を止めて…噛んで…香りが鼻から抜ける時…皆さんは牡蠣を食べています」。牡蠣の殻はありますけど、どう見てもお肉。一体どういうことでしょう。

スーパー・ササダンゴ・マシン、マスク着用しました。「ん?あれ?ホントだ~!牡蠣じゃないですか!」。どういうことになっているか詳しくは言えませんが、皆さん口をそろえて「ほんとだ~牡蠣だ~」と言いますから驚きです。

これ、本当にうまいですよね。

一気に行きますよ!五品目は『牛ヒレ肉レアカツ』、六品目は『羊の炭火焼きグリル グリル野菜添え』、そして七品目の『肉山の牛肉の色々な部位を使ったボロネーゼ』です。スーパー・ササダンゴ・マシンの一言コメントとどうぞ。

「新潟で牛カツって珍しいですよね。それにしてもうまい。エディブルフラワーまで、これはもう完璧な一皿ですよ」

「この黒い物体、生胡椒ですよね?今、イケてるもつ焼き屋さんでは生胡椒なんですよ。羊のお肉と合いそうです~(食べてみて)これ!キテますってこれ。本当にうまいです」

「もうおなかいっぱいなんですけど、不思議と全然食べられるんですよ。最高です」。

スーパー・ササダンゴ・マシンはしっかりと『宇宙山』で宇宙遊泳しました。「明日は東京なんですよ」と、足早にお店から夜の街へ消えていきました。「肉山 新潟」と「宇宙色の鼻」による「宇宙山」。次回開催があるのか、それぞれのお店の最新情報をチェックです。

肉山 新潟

[住所]新潟市東大通2-1-7松屋ビル

[電話番号]025-241-2929

[営業時間]平日19時~※土・日曜・祝日は17時と20時の交代制。いずれも完全予約制 

[定休日]水曜

TRATTORIA&VINO宇宙色の鼻

[住所]新潟市中央区古町通9-1475-4芳眞ビル1F

[電話番号]025-225-3535

[営業時間]18時~深1時LO

[定休日]日曜(翌日が祝日の場合営業、月曜休)

この記事は「Komachi的文化新聞WEB版」にて掲載されたものを転載しております。


©2016-  DAWN DISH PRROJECT